ビタミンを摂りましょう

ダイエットしたいけど、なかなかお菓子が止められない。という女性も多いことでしょう。 普通ならお菓子を止められないと痩せることはできません。 今日からお菓子を止めるのを一切止めましょう。と言いたいところですが、実はお菓子を普通に食べていても楽々ダイエットに成功している女性も存在します。

今回はお菓子を我慢していないのにどんどん痩せちゃっている女性に共通する点をお話しします。 まず、お菓子を食べても痩せている女性はビタミン剤を飲んでいます。 ビタミンっていうとお肌にいい栄養素というイメージですが、ダイエットのためにもビタミンは効果があります。 ビタミンは、糖質の分解・燃焼を助ける働きがあります。 逆にビタミンが不足していると糖質が分解されにくくなるので、脂肪が蓄積されることになります。

ということで、お菓子を食べながらダイエットしたいなら、ビタミン剤を飲むようにしましょう。 尚、ビタミン剤の選び方なのですが、マルチビタミンを選べば失敗はないでしょう。 マルチビタミンなら体に必要なビタミンはすべて入っているのでおすすめです。 また、ビタミン以外の成分が配合されているのはどうなのかといいますと、他の成分が配合されているということは、ビタミンの配合量が少なくなるということになりますので、ビタミン類だけ入っているものにしましょう。

しっかり睡眠をしていますか

そして、もう一つの共通点は、睡眠をしっかり摂っていることです。 特に夜11時前には寝ています。 睡眠はダイエットと密接な関係があります。 まず1つ目が、成長ホルモンです。 成長ホルモンとは、体の修復や脂肪の代謝・分解する働きがある成分です。

この成長ホルモンは睡眠中が一番活発に分泌されます。 特に夜の11時から深夜の3時までが一番よく分泌されます。 というわけで、成長ホルモンが一番よく分泌される時間帯に寝ていることが重要なのです。 また、ぐっすり寝ているときは内臓が活発に動いています。 寝ているときは体を休めているときなので、体も休んでいるというイメージだと思いますが、体はせっせと活動しているのです。 内臓が活発に動いていると血流もよくなるので、脂肪が付きにくいだけでなく、むくみも解消できます。

尚、深い睡眠をしていないと上記の効果はありません。 なので、夜11時までには深い睡眠状態になっていることが重要です。 なかなか寝られない人は、寝る直前にお風呂に入るようにしましょう。 その際、シャワーだけでなくお風呂に浸かることがポイント。 長く浸かっている必要はありません。

5分でもいいのでお風呂に浸かる習慣を付けましょう。 そして、お風呂から上がったら1杯のお水を飲むようにしてください。 お風呂上がりにお水を飲むと精神がリラックスします。 ちなみにカフェイン入りのドリンクだけでなく、カフェインの入っていないドリンクも飲まないほうがいいです。 お水が一番いいというのを覚えておいてください。 そして、寝ます。このとき、ゆっくり呼吸をしていると自然に眠くなります。

上記の2つを実践してもらえれば、好きなお菓子を食べながらでも痩せることはできるのですが、10キロ以上ダイエットしたい場合は、上記2つを実践しても10キロ以上ダイエットするのは難しいでしょう。 そこで、さらに痩せるために必要なことをお伝えします。 まず、高タンパクな食事に切り替えることが重要です。

高タンパクな食事というのは納豆、豆腐、豆乳の3つを毎日食べることです。 もちろん、納豆、豆腐、豆乳以外にも高タンパクな食事はありますが、手軽に毎日摂ることができると言えば、納豆、豆腐、豆乳の3つになります。 この3つの食材を朝、昼、夜に1品ずつ食べるようにしましょう。

尚、炭水化物は今までと同じように摂取してもらっても大丈夫です。 高タンパクな食材をたくさん食べることだけ意識するようにしましょう。 もちろん、お菓子も今まで通り食べてもらってもいいです。 10キロ以上痩せる場合には、気を付けなければいけないことがあります。 それが栄養の偏りのない食事を心がえるということです。

10キロ痩せるというのは体にかなり負担を掛けてしまいます。 なので、栄養のバランスの悪い食事で10キロ以上ダイエットできたとしても、不健康な痩せ方になってしまいます。 見た目でも不健康なのがすぐにわかります。 そうならないために栄養をしっかり摂りながらダイエットできる方法を選ぶことが重要です。

ということで、高タンパクな食事にするというのは、健康的にダイエットできる方法としては最適なのです。 また、炭水化物などもしっかり摂っておいたほうが栄養のバランスもいいです。 昨今、炭水化物を控える方法が人気がありますが、急激に炭水化物を減らすと皮膚がしぼんでしまい、一気に老けこむようになるので注意してください。 なので、いくら炭水化物を控えて痩せたとしても、注意しないと健康に見えない痩せ方になるので、気を付けてください。

最後にリバウンドが心配な女性もいるかと思います。 折角ダイエットに成功しても、その後のリバウンドが怖いと思っている女性も多いものです。 特に、一度でもリバウンドの経験があると、ダイエットするたびにリバウンドの心配をするものです。 ということで、リバンドしないためには脂肪が付きにくい体質にするしか方法はありません。 一番簡単に脂肪が付かない体質になるには、背中を刺激することです。

背中には褐色脂肪細胞という細胞が多く存在します。 この褐色脂肪細胞は体温維持のために脂肪を燃焼するものです。 従って、この細胞を刺激すれば、自然に脂肪は燃焼されやすくなるというわけです。 背中を刺激するにはどうすればいいのでしょうか? それはとても簡単で思いっきり背伸びをすればいいのです。 また、シャワーを背中に当てるのもいいです。 褐色脂肪細胞は温めることで活発に動く細胞ですのでシャワーもおすすめです。 このように、脂肪が付かない体質になるのは簡単ですので、体重が目標の値までになったら是非、実践してください。

ページのトップへ▲